アロングの施術部門の、整体施術
駐車場 有
夜、遅くまで対応いたします。

もみ返しを喜ぶな

松尾宗弘(療術師)

連絡先・所在地

 体をもむ等した後、痛みが出る事があります。読者の中には、きっと経験者もいらっしゃる事でしょう。それこそ、寝込む程の痛みを経験されたかも知れません。

 この痛みを「もみ返し」と呼んでいます。

 揉み返し。それは、好転反応であると言われます。歓迎すべき事だ、と。

 ハッキリ言います。これは嘘です。揉み返しとは、ただ患者の身体の組織を傷めただけです。主に筋肉を傷めたのです。

 もし、コリをほぐす目的の施術で揉み返しを起こしたなら、本末転倒。コリは余計に酷くなるでしょう。施術直後は、ほぐれたとしても。

 この事について、以下、説明します。併せてこちらも読んでいただくと、理解しやすいかと思います。

 コリは筋肉の問題です。筋肉が凝り固まっているのです。それを軟らかくしたいから、強い力を掛ける。これは、とても分かりやすい考えです。

 砂糖だって、固まってしまったら、強い力で押したり揉んだりして、ほぐしますね。優しく撫でても、どうにもなりません。

 砂糖は、それで構いません。しかし筋肉に同じ事をするのは、安易というものです。組織を壊してしまうからです。

 組織を壊すから、その場は確かに、軟らかくなる(コリがほぐれる)のです。しかし生きた人の組織です。壊されたら、治さないといけません。

 治癒は自然に始まるのですが、この時の痛みが、もみ返しです。体は、損傷した所を治す時に熱や痛みを発します。捻挫が分かりやすいですね。揉み返しが起きたら、それは組織が傷んだ証拠なのです。

 筋肉の場合、傷んだ箇所の周辺にカルシウム分が沈着して、治って行きます。カルシウムですから、筋肉は硬くなります。硬くなれば動きが制限されて、傷が治りやすいのです。

 しかし硬くなるという事は、凝るという事に他なりません。

 そのコリをほぐそうとして、また強い力で施術すると……悪循環の始まりです。次第にコリが広がって行く、つまり全身的に柔軟性を失って行くでしょう。

 柔軟性が低い筋肉が危険である事は、こちらに書きました。読んでいただくと、強い力による施術はギックリ腰の原因になり得る、と分かっていただけると思います。

 ギックリ腰だけではありません。全身の循環不良(血液・リンパ液)を惹き起こす可能性もあります。そして循環不良は、様々な病の元になります。

 ただ、強い力での施術が避けがたい場面も、時にはあります(小児喘息の発作を止めるときなど)。しかし、その後の筋肉ケアが出来ないのであれば、強い力での施術は、やはり望ましくありません。

連絡先・所在地

アロングは個別対応形式の塾でもあります。
塾の情報は下記をご覧ください。

PCサイト◆◆◆スマホ向けサイト

この頁の上に戻る